すべてはお客様のうれしいのために|尾道市・尾道国際ホテルグループ

尾道市内で3つのホテルを経営されている「尾道国際ホテルグループ」は、市内最大級の尾道国際ホテルと市街地の中心部にある「尾道ロイヤルホテル」、JR尾道駅から徒歩3分の「尾道第一ホテル」があります。
宿泊のほかにバスツアーで来られた団体客へ昼食をご用意したり、各種宴会や結婚式、法要、イベント行事など、たくさんのスタッフが分担して働かれています。
きれいなホテルにあこがれている私たち2人が、寺岡靖治支配人と尾道市立大学の先輩の小野川恭平さんに取材しました。

インターン|可能
見学|随時可能

kokusai-hotel-top

<取材メンバー>

kokusai-hotel-onodai

尾道市立大学 福島舞子

kokusai-hotel-4

尾道市立大学 村尾真理

<会社について>

Q.ホテルに入社された動機?

寺岡支配人|
優雅な雰囲気のロビーや華やかなホテルで働いているホテルマンに憧れていたからです。心がこもったおもてなしを受けると感動しますよね。お客様に感動していただける仕事に就きたいと思い、ホテルに入社しました。

小野川さん|
私が大学生の時に、こちらのホテルのレストランでアルバイトをしていたことがきっかけです。やりがいがある仕事で、学生時代に培った知識や経験を生かしたいと思ったからです。

Q.こちらの国際ホテルさんの強みは?

寺岡支配人|
客室数が充実し、大きい宴会場をご利用いただけます。また200台が収容できる駐車場があります。この規模のホテルは市内で当ホテルだけです。
また、客室はスイートルームを2部屋ご用意していますが、このスイートルームは、尾道市内のホテルでも珍しく、たくさんのお客様から好評です。尾道国際ホテルの館内もリニューアルして良くなったので、お客様はもちろんですが、従業員が気持ちよく働ける職場になりました。

Q.今の若者に期待することは?

学生時代を楽しんでいろいろなことを経験してほしいですね。やはり学生時代は、自由な時間がありますので、一度でもいいから海外に行ってみてほしいです。我々の職業は海外からのお客様もいらっしゃいますから、語学を学んだり、海外インターンシップや海外留学に行かれるといいかもしれません。1人でふらっと海外旅行でも、視野が開けると思います。学生時代に経験したことを、当ホテルグループで発揮していただきたい。そして、ホテルのサービスの質を高め、国際ホテルの顔といってもらえるようになれるように頑張ってほしいですね。

Q.ホテルの今後の課題はなんですか?

どのお客さんからも「このホテルいいよね」と言われるため、施設の充実やサービス面など具体的な数値でわかるようにしています。レストラン部門では、それぞれの技術をしっかり身に付けて、国際ホテルのレストランを牽引できる社員になるために、社員教育にも力をいれています。さらに素敵なホテルを目指します。

kokusai-hotel-2

Q.海外のお客さんもいらっしゃいますか?

2013年頃から海外のお客様が増えました。広島県は欧米からのお客様が一番多いと統計がでていますが、当ホテルにおきましては特に台湾からのお客様が多いですね。また急増しているのが香港です。

Q.尾道の良さを伝えるために工夫されていることは?

まず弊社は、旅行会社にホテルを売り込みます。そして尾道の良さを薦めます。店先でホテルのパンフレットと共に尾道市内の観光パンフレットも一緒にお渡しして、日本遺産やロケ地、サイクリングに関連したしまなみ海道などもPRしています。

Q.お客様との関わりで大事にされていることは?

お客様をお迎えすることとお客様が笑顔でご出発して頂くために、普段から笑顔を大切にしています。スタッフ皆でお客様を笑顔でお出迎えるするように心がけています。お客様がホテルの入り口に入った瞬間「すごい!」と感動され、またお帰りになる時は「来て良かった」と思っていただけるよう、日々努力しています。

Q.国際ホテルを色で例えると?

会社のイメージカラーはブルーです。ホテルのみでは、ホワイトです。居心地の良さは清潔に保たれている空間でなければいけません。ホワイトは清潔感というイメージですから、常に清潔で安全であることは徹底しています。また、ホワイトは何色にでも染まります。いろいろなお客様に柔軟に対応しますという心掛けの部分でホワイトはホテルのイメージの色なのです。

Q.お仕事のやりがいは?

お客様から「ありがとう」と言われることです。我々は常に「すべてはお客様のために」が合言葉ですから、お客様が大勢でご来店されると目が回るような忙しさになりますが、そこでは正確さと共にスピードが求められます。業務量や覚えることも多くて大変ですが、責任ある仕事を任せられているため、毎日とても充実しています。

Q.私たちのような女性スタッフさんにはどんな配慮がありますか?

お客様はもちろん、従業員に対しても防犯対策を行っております。女性の夜勤はございません。お客様や従業員の安心・安全を守るためです。

Q.新しいお客を呼ぶために工夫されていることは?

お客様が集まってくれるイベントの企画等を生み出しています。全国仮装大会in尾道、女子旅、サイクリングなど、企画もたくさん出します。仮装大会も国際ホテルが企画しました。これからも国際ホテルの魅力を、より多くの方々に伝え、お客様の笑顔で溢れるホテルにしたいです。何度、ご利用頂いても毎回、驚きと感動を提供でるホテルであり続けたい。

<メッセージ>

kokusai-hotel-3

小野川さんより大学生に向けて|
最近は、外国から多くの方が訪日されるようになりました。機会があれば、積極的に国外へ出て、他国の風土・文化を実際に感じてほしいです。そして、よりグローバルな感性を養い、同時に日本という国、尾道という町の素晴らしさをより実感していただきたいと思います。

<従業員の1日>

尾道国際ホテル

入社2年目フロント 廣保 慶香さん(23)
出身校|広島修道大学
出身地 |広島県尾道市

スケジュール(ある日の1日)

06:30|フロント・ロビー・エレベーターの拭き掃除

07:00|朝食ご案内開始

08:00|お見送り

09:00|朝食終了

09:30|チェックアウト

10:00|チェックアウト終了・宿泊予約チェック・銀行への入金・両替・団体昼食のお客様のご案内・駐車場ご案内・電話応対

15:00|チェックイン開始


入社の時に感じていたこと

フロントは想像以上に事務仕事が多い


やりがいを感じる時

お客様の笑顔が見れたとき・忙しい時期を乗り切った時


休みの日にすること

映画鑑賞・市内散歩


学生さんへひとこと

中小企業には、大企業にない魅力がたくさんあります。様々な仕事を知ることは今後に結びつきますので、がんばってください

<感想>

kokusai-hotel-onodai

福島舞子|
ホテルの方のお話で、外国の言語を学ぶことも大事だが、文化を知れば話題が生まれて拙い会話でもコミュニケーションがとれるということが印象に残りました。

kokusai-hotel-4

村尾真理|
ホテルの従業員は、ホテル案内のほか観光案内もされているそうです。観光パンフレットだけに頼らず、ホテルの従業員がおすすめする場所をお客様に伝えていると聞きました。私も、観光客の立場になったら色々なお店を知りたいし、新しい発見もしたいから今後も継続していってほしいと思いました。

<会社概要>

尾道国際ホテルグループ
運営会社|山陽工業株式会社

代表取締役会長|髙橋 貞昭
代表取締役社長|髙橋 宏明
創 業 |昭和 25 年 10 月 1 日
資本金 |8,800 万円(全額払込済)
売上高 |73949万円(平成287月決算期)
従業員数|250 名


・尾道国際ホテル
住 所 |尾道市津浜1丁目13-6
電 話 |(0848)25-5931

・尾道ロイヤルホテル
住 所 |尾道市土堂2丁目9-27
電 話 |(0848)23-2111

・尾道第一ホテル
住 所 |尾道市西御所町4-7
電 話 |(0848)-23-4567

インターン|可能
見学   |随時可能
※総務部までお気軽にお問い合わせください(0848-46-1212 担当:用木、嶋崎)

<H29.4月入社の新卒者募集中>
・管材営業部(ルート営業、事務)
・空調衛生工事部(設計、施工、管理、事務)
・ホテル事業部(企画、営業、サービス、調理師見習)
※各1名、優秀人材については増員いたします。

Log in with your credentials

or    

Forgot your details?

Create Account